BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

バリアフリーリフォームの内容は?

2021/09/01
バリアフリーのリフォームは将来的なことを考えると必要なリフォームです。
自分達が年を取ってからの事も考え、できるだけ多くの人が利用しやすい家に
していく事が大事です。
ここでは、バリアフリーのリフォームについてご紹介したいと思います。

▼バリアフリーリフォームにはどういったものがある?

一言にバリアフリーのリフォームにすると言っても、どういったものがあるのか
ご存じですか?
基本的なリフォームとしては、以下のようなものがあります。

■段差をなくす

ほんの少しの段差でも、足腰の弱い高齢の方や車いすの方にとってはつまずく原因
となってしまうため必要なリフォームです。
段差をなくす方法として、スロープを設置したり床をかさ上げしたりなどといった
方法があります。

■手すりを付ける

階段を上がるときや降りる時、廊下を歩くときなど壁につかまって歩くのは危険です。
身体全体を支えるために手すりを付けることをオススメします。
手すりの設置には壁の下地工事を行って手すりを付けましょう。
取り付けるポイントとしては、使用者が握りやすい形状の手すりを選び、
使いやすい位置に設置することです。

■床を滑りにくくする

家の中でもけがや骨折をしてしまうような転倒してしまうことが多くありますので、
床材を滑りにくいものに変更することをオススメします。
洗面台などの水回りの床材だけでもリフォームすると安心です。

■扉を替える

車いすの方でも開閉しやすいように、開き戸から引き戸へ変更する方法などがあります。

▼まとめ

今回はバリアフリーのリフォームについてご紹介しましたが、上記はほんの一部で、
上記以外の方法にもたくさんの方法があります。
当社でもリフォームを行っており、現地調査やご相談は無料で行っておりますので、
リフォームをご検討中でしたら、松原美装サービスへぜひ一度お問い合わせください。