BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

インテリアの補修方法。

2021/10/15
経年劣化やこどもやペットのいたずらにより、家具や床といったインテリアが傷んでしまう場合があります。
見た目も悪く機能性も低くなってしまうため補修するのがおすすめです。
インテリアノ補修方法について解説していきます。
▼インテリアの補修に必要な道具
■補修に必要な道具
パテ、ドライバー、油性ペン、接着剤、プライマー、タッカー…etc
インテリアの補修に必要な道具は全てホームセンターで揃えることができます。
分からない時は、店員さんに相談してみるといいですよ。
▼インテリアの補修方法
傷やへこみなど、タイプ別の補修方法を紹介します。
■家具のぐらつき
テーブルや椅子などの家具は使用頻度が多い為、ぐらつきが多く発生するものです。
家具に使用されているボルトやネジなどの部品に合わせて、スパナやドライバーを用いてしっかりと締め直しましょう。
ボルトなどが使われていない家具の場合は、素人では難しいので家具の専門店で補修する必要があります。
■傷
小さな傷の場合は、補修ペンで塗りつぶし指でなじませるだけで簡単に補修することができます。
傷が少々深い場合は、やすり掛け後補修用のオイル塗料を塗布すればOKです。
えぐれるほど深い傷の場合は、パテ埋め後、やすり掛け、色付けなどの工程が必要になってきます。
■椅子(座面の張り替え)
最近の椅子のほとんどは座面を裏からビス留して作られているため、簡単に張り替えすることができます。
座面をとりはずしたら、座面の布を取り外し新しい布地を張り付け。再度椅子に座面を取り付ければ完成です。
▼まとめ
家具を補修することで、長く使い続けることができるし増々愛着が増しますよね。
傷が気になったり、見栄えが悪いと感じた場合は、すぐに補修するのがおすすめですよ。