BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

インテリアと家具の違いは?

2021/11/15
インテリアと家具ってよく聞く言葉だけど、違いはあるのでしょうか?
そこで今回はインテリアと家具の違いについてご紹介します。
▼インテリアと家具の違い
インテリアと家具は似ているようで異なります。
■インテリア
インテリアは装飾品で、壁紙や花瓶、絵画なども部類に入ります。
ライフスタイルに応じて、センスを選べ空間を自分の思いのままにつくることができます。
■家具
日常生活に欠かせない衣食住の道具一式のことを言います。
道具一式は、椅子や机、タンスなどがあります。

▼インテリアの種類
インテリアにはスタイルがさまざまで種類が豊富です。
■アーリーアメリカンスタイル
内装は、天井が低く、よろい戸や板戸が特徴的です。
家具の材料は、パイン材、メープル材、チェリー材を用いており、ローカルな雰囲気となります。
■ヴィクトリアンカントリースタイル
ステンシル模様は壁や床が特徴で、アクセアリーはアレンジしたお花やドライフラワーのリースを飾ったりします。
また額絵も多く、ロマンチックな雰囲気です。
■イングリッシュカントリースタイル
フォーマルスタイルで、建物の様式は古代ローマやギリシア古典モチーフのジョージアンなどの装飾性の強いスタイルをミックスしています。
カーテンはドレープをとったもので、アクセサリーは中国の陶磁器や水彩画、ニードルポイントなどの手芸品などがあります。
■シェーカースタイル
シンプルで機能的な手作り家具で、チェリー材やパイン材などが多いです。
カジュアルでシンプルでナチュラルなのが特徴です。

▼家具の種類
家具に使われている種類はさまざまあります。
■無垢材
一本の木から必要な大きさにカットしたものをいいます。
天然の風合いを感じられるので、重量感も楽しめます。
■集成材
角材や板材を集めて接着し大きな木材を言います。
乾燥による反りなども生じにくいのが特徴です。

お部屋のイメージに合わせて、必要な家具や装飾品を取り入れてみましょう。